首周りの脂肪をダイエットすることで、いびきは治療が可能

8593434

太ると様々な生活習慣病にかかりやすくなることが知られていますが、太ると大きないびきをかくようになる場合があります。

なぜ、太るといびきをかくようになるか、その症状対策についてご紹介します。

首周りの脂肪をダイエットすることで、いびきは治療が可能

12480320

太ると血糖値やコレステロール値が高くなり生活習慣病にかかりやすくなる、体を動かしにくくなるといった問題が起こるようになります。

その他にも知られていない健康上の問題として、大きないびきをかくようになる場合もあります。

 

首周りの脂肪が増えることで上気道が狭くなりいびきが出る

太ることで首周りの脂肪が増え、上気道が狭くなるため、大きないびきをかくようになります。

上気道を狭くしてしまうことで、スムーズに息が通らなくなってしまうのです。

鼻や口での呼吸が正常でなくなると、体に悪い影響が出るようになります。

肥満が原因でなるいびきはダイエットすることで、自分で治療を行うことができます。

気道が狭くなることで体を横たえると舌根軟口蓋が肉に埋まってしまうようになるので、気道が塞がれ息が詰まりやすくなるのです。

 

いびきで済んでいる段階でダイエットをしましょう

肥満の人がダイエットでいびき治療をした方が良いのは、この状態が続くと睡眠時無呼吸症候群を併発する恐れが考えられます。

眠っている間に度々呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群は、とても深刻な症状となります。

一時的な呼吸停止が多くなることで心臓に負担がかかるようになり、心臓に関する疾患が誘発されやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群で心臓の動きが悪くなることで、血液循環も低下し不整脈の発症リスクも倍増します。

命を奪う危険性まである睡眠時無呼吸症候群にならないようにするためにも、いびきで済んでいる段階でダイエットをするようにしましょう。

薬を使っても根本的な改善にはならないので痩せることが必要となります。

いびき体操のあいうべ体操を実践することでいびきは治療できる

8021476

誰かと旅行に行った際に、寝ている間のいびきが大きいと指摘されたことはないでしょうか。

もしも指摘されたことがあるのなら、治療をすることが健康のためには良いです。

そのままにしておくと睡眠の質が悪くなる、健康を害する元になる睡眠時無呼吸症候群になる可能性が高まります。

 

筋肉を鍛えていびきをなくすあいうべ体操

症状を治す方法には、薬やサプリメントの服用、最終手段としては手術まであります。

しかし、一番手軽に自分でできることは、筋肉を鍛えていびきをなくすいびき体操です。

いびきは中高年になると起こりやすくなりますが、それは老化によって筋肉の量が減ることが関係しています。

睡眠時の呼吸を正常にするには、筋肉を鍛えて強くすることが向いているのです。

いびき体操のあいうべ体操は筋肉量を増やす効果だけでなく、正しい呼吸も身につけられるメリットを持っています。

 

あいうべ体操のやり方

最初に大きく口を「あー」という形に開け、次に「いー」の形に横に口を伸ばします。

「いー」の次は限界まで口を前に突き出す「うー」の形にします。

最後に「べー」と口から出した舌を、下側に思い切り伸ばします。

コツとしては「あ」「い」「う」「べ」を伸ばしながら発音するようにすると、上手に体操をすることができます。

あいうべ体操は口で呼吸するのではなく、鼻で呼吸するようにするので様々な健康効果が期待できます。

良質の呼吸は口より鼻でしやすいので、体のためにも良い体操となります。

口や舌を大きく動かすので、唾液の分泌量が増えるので免疫力を向上させることができます。

 快適な睡眠を取り戻したい!いびきサポートサプリ総合ランキング

▼いびきサポートサプリを選びたいなら♪▼いびきサプリ>>いびきサポートサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<